読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふのホルモン

ホルモンのままに。主成分はエッセイ。

とうふ、アルバイトを始める。

近況 はたらく

とうふです。今日はただの近況です。

えー、ツイッターではちらっと書いたのですが、昨日(日曜日)からアルバイトを始めました。

(厳密に言えば、金曜日から。研修を受けて3時間分の時給は発生していたからね)

今後基本的には土日、朝から夕方までまる1日、働くことになっています!わっほーい!∠( ˙-˙  )/

 

※はじめましての方へ。私とうふは新卒で入社した会社を1年ちょいで逃げるように辞めた24歳豆腐メンタル女であります。詳しい経緯はこちら。

★短め 入社して1年、会社辞めました。 - とうふのホルモン

★すごく長い 【自己紹介】いい子を脱皮して、わがままに、ホルモンのままに生きるのだ。 - とうふのホルモン

 

この決断に至った経緯。

①金銭面のはなし

まず金銭面の話からすると、今現在は配偶者である吉田くんの稼ぎと貯金に頼っている状態。

だけど将来的には、吉田くんの身に何かあっても大丈夫なように、わたし一人はたらくのでも十分生活していけるくらいには稼ぎたい、あるいは稼ぐための力をたくわえておきたいなあと思っている。

そういう目標のもと、選択肢としては、起業、投資、フリーランスetc…いろいろある中でも、再度正社員として復帰することを今のところは目標にしている。

が、なぜ週2日のアルバイトなのか。それは次の理由からだ。

 

②体調のはなし

続いて体調面でいうと、5月末に退職、いろいろあって吉田くんの家に転がり込んで、家事をしつつ本を読んだりブログを書いたりの生活も3ヶ月ほど経過して、家事が完璧というわけではないものの、最近はちょっと元気が余っているような日も増えてきた(そういう日は「はたらく」ということに対するモチベーションもむっくり出てきていた)。

とはいえ、たくさん活動した日の翌日は、身体全体に疲れが残っているなあと感じることが多い。したがって、今すぐフルタイムで働けるかというと自信がない。

一気に突然毎日働き出すとなると、変化が大きい分、不安や緊張も大きくなる。だから、今よりもう少しだけ、頑張ってみたい。

というわけで、まずは正社員とか形態にこだわらず、日数少なめのアルバイトから始めていこう、という次第。

 

③機会のはなし

そして機会の話。

実は退職直前、「次働けるところを見つけてから仕事をやめなくては」と自分を追い込んでいたのもあり、1社だけ、求人に応募していた。

フルタイムの正社員の求人。書類は通過したものの、ひどい動悸でひーひーしつつもどうにか面接も受け…という状態、結果は不合格。

 

が、その企業の人事の方から電話があり、「アルバイトという待遇でよければぜひ一緒に働きたいと思っているのだがどうか」という提案をもらっていた。

面接では「受かるためには隠し通さなければ!」と体調面のことを伝えられていなかったので、その電話では正直にお伝えした。

病名はついていないが、メンタルからくるものなのか、現在体調を崩しており、電話をいただいた現時点ではしばらく療養が必要だと思っていること。もし、しばらく待っていただけて、それでも受け入れていただけるのであればこちらとしてもぜひ検討したいということ。

 

結果的には、いつでも待ちます、体調面が整ったときに連絡くださいとお返事をいただけていた。身体もメンタルもズタボロというタイミングだったけど、こういう会社に巡り会えたのも何かのご縁なのかもしれない。南無。

 

④やりたい気持ち

で、最後に自分の気持ちの面。

体調絶不調の最中受けた唯一の企業。面接の日の朝、めまいも動悸もひどくて吐き気もして、「体調不良を理由に、今日はやめておこうか」とも思いつつ、それでもなんとか電車に乗って受けに行ったのには、実はそれだけの理由があってのことだった。

というのも、(詳しくは書けないけども)募集していた職種の業務内容がドンピシャだった。でっかいでっかい(でも仕事としては限られる)【自分のやりたいこと】と、悲しいかなちっちゃなちっちゃな、【自分に得意なこと】との重なりに。

f:id:nomatterxxx:20160829230905j:plain

 こういうこと。(雑でごめんなすって)

 

 

もっと言うと、一般庶民のわたしからすれば仕事でそれをしようと思うと【お金になるかならないか】って軸も必要なので、厳密にはこうだ。

 

f:id:nomatterxxx:20160829230941j:plain

 

点!もはや、点!!!∠( ˙-˙  )/奇跡かよ!

 

 

とにかく、すっごくすっごく惹かれていたんだ。この会社が提示してくれているはたらき方に。

 

もう一度はたらくことを始めるにあたって、正社員とかなんとかメンドーなバイアスぜーんぶとっぱらって考えるなら、今やりたいことをやるべきだ、と思った。

吉田くんに頼りきりの癖して、申し訳ないけれど。でも無理して自分を押し込めて、それでまた倒れてしまうくらいなら、こっちのほうがきっと近道だ、と思っている。

 

アルバイト初日の感想

ちなみに、初勤務を終えての手応えだけど、悪くなかった!よ!∠( ˙-˙  )/

 

朝は緊張して緊張して、無駄に早起きして研修でもらった資料何度も読み返したし、電車に乗るのにもドッキドキやばかった。主に、「うまくやれるだろうか」「どんな人がいるんだろうか」って不安があって。

でも建物についた頃には、「うまくやれなくて嫌な目で見られても、まあいいやん死ぬわけでもなし!辛かったらやっぱり辞めてもう少し休んだっていいんだから」と自分に言い聞かせてちょっと落ち着くことができた。(ブログの過去の記事を読んで、過去の自分の言葉に励まされたりもした。笑)

 

いざ、飛び込んでみたら、想像していたような悪いことは起きなかった。

まず、職場はそんなに人が多くなかった。コミュニケーションのストレスがそれだけで全然違う。

その分人手は必要最小限なので、仕事内容を丁寧に教えてくれるわけではなかった、けど、前職の経験と重なる部分もあって、自分としては結構見よう見まねでできたように思う。

そして少しずつ元気になっていたからこそだと思うのだけれど、仕事を覚えるためにはどういうところに着目して見て、どういうことをメモしたらいいのか。そういう基本的なことが、感覚でわかった…!( *˙-˙  )よかった…!

それと、アルバイトだから当たり前かもしれないけれど、前職の仕事内容と比べたらやることはとってもシンプル!だし、求められるレベルも高くない。その余力の分を、自分が極めたいと思うところに注力できそうでよいなあと思っている。

そういう感じで、途中からは、あまり緊張せずに業務に取り組めた。

 

とはいえ初日だからこそ誰も怒らないし、次からは初日より求められることは少し増えるだろう。勤務場所もメンバーも、その都度多少異なるので、コミュニケーション面での緊張は今後も付きまといそうではある。

 

それでも、「失敗したらしたで仕方ないさ!」と、健全なポジティブさを持ったまま働けたら大丈夫だと思う。そういうメンタルを手に入れるための練習だと思って今後も取り組みたいなあ。

 

将来的展望

初日を終えて、久々の「今日お金を稼いだぞ!」という達成感が伴う疲れが、すごく心地よかったー。

というわけで、週2日(時々3日)のアルバイトからはたらくことを始めてみようと思っています!

 

今のところの計画としては、

・アルバイトをしながら体調を整えつつ、しなやかなメンタルを手に入れる∠( ˙-˙  )/

・余裕が出てきたら、追加で週2日ほど働けるアルバイトを見つけてフルタイム勤務に慣れる∠( ˙-˙  )/

・並行して新卒(2017卒)の求人を探して、正社員として来年4月入社を目指す∠( ˙-˙  )/

 

という感じ!!

あくまで計画やからなんともはやですが。

自分の体調と、それから自分がどうして生きていきたいかを優先して、できる限りで頑張ろうと思います。

 

また経過はブログで書くと思われます。

読者の皆様、どうか、ひっそりと応援してもらえたらうれしいです。∠( *˙-˙  )/

 

おわり!