読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうふのホルモン

ホルモンのままに。主成分はエッセイ。

ネコバス経験者も、もう一度ネコバスに乗ろう。

ジブリ

とうふです。明日の金曜ロードショーもののけ姫ですね…!ワクテカ

だからというわけでもないけれど、3記事にわたって熱くひたすら熱くジブリの大博覧会」について書いた。

chi-cooks-everyday.hatenablog.com

chi-cooks-everyday.hatenablog.com

chi-cooks-everyday.hatenablog.com

(「ジブリの大博覧会 感想」とかって調べても、誰ひとりとして熱く語ってる奴が見つからなかったから、調子に乗って【誰よりも熱い感想】って途中からつけてやったぜ。)

 

書いてみてびっくり。自分でもなかなか頑張らないと読み返そうって気にならない暑苦しさ。読んでくれた人、ほんとうにありがとう…!!

 

さて、こんな気持ち悪いジブリオタクのわたしにも、一応可愛げのあるミーハー心だって残っています。残ってるんです、一応……!!

もうフォローしようもないほど気持ち悪いと思うのでフォローしようという気はありませんが、今、そういう「可愛げあるミーハー心」を持つ1ジブリファンとして書きたいことがあるのです。

 

あなたは、「ジブリの大博覧会」のネコバスで満足ですか?!

ジブリファンならば、一度は夢見たことがあるでしょう?

「ふっかふかの、ネコバスに、体を包み込まれたい……!」。

 

座った瞬間ね、ふわーって沈む込むの。そして同じくらい、跳ね返ってくる。太ももで感じる、ふわふわの触り心地。そして…ネコの体温の暖かさ!!

 f:id:nomatterxxx:20160804192522j:plain

ジブリといえば、ストーリーだけじゃなくて、あるいはストーリーにこだわるからこそ、こういう1つ1つの描写にもこだわり抜いて手を抜かない。こういうところも、ジブリ作品の大きな魅力です。(アニメーターの方の仕事すごい、すごすぎる。)

 

田舎から上京して、吉祥寺にある「三鷹の森ジブリ美術館」の存在を知ったときは感動とともに、落ち込んだものです。なぜならば、ジブリ美術館にもあったネコバス、乗れるのは小学生以下。なぜわたしは、ネコバスに乗ることもなく、無為に小学生時代を終えてしまったのか…!!

 

しかし、大学在学中、奇跡が起きた。2011年、同美術館の企画展「ねこバスから見た風景展」に、なんと「大人も乗れるネコバス」が登場したんです……!!

f:id:nomatterxxx:20160804192702j:plain

 

こりゃ、行くっきゃない!そりゃもう行きましたとも。

 今まで、「サツキちゃんになれたらなあ」幾度となく夢見てきたネコバス。美術館の子どもたちのコーナーに鎮座して、見ることはできても触れることもできなかった、ネコバス。

それが今、目の前にある……!

 

当時20歳、大人とはいえ、否大人だからこそ!

うきうきわくわく、心躍らせて、座った。

 

 

……

 

・・・・・・

 

 

硬い!硬いよ鈴木さーん…!(´;ω;`)

 

そりゃもう、「わたしはこの先もう二度と乗れないんだ」って思ってただけに、ネコバスに夢を見すぎてしまっていた感はある。あるけども。

なんならたぶん、普通の電車の椅子よりちょっと硬かった(気がする)。

なんだろ、フードコートとかの椅子の表面に、ぬいぐるみの毛を生やした感じだった(気がする)。

※夢やぶれたショックのあまり過小評価している可能性も大

 

このとき、わたしは心に刻んだのです。「所詮作り物。本当のネコバスは、わたしの心にある…!」

 

 だからスルーした。

だからスルーしたんです。「ジブリの大博覧会」にも、「大人も乗れるネコバス」があって、平日昼間にも関わらず、結構な数の人がかわりばんこに乗ったり写真を撮ったりしている横を、わたしは、

「所詮作り物!客寄せパンダならぬ、客寄せネコバス…!」と思い、スルーしたのです…。

 

(いやでも本当は、たとえ絶望があったとしてももう一度、乗りたかった…(アホ))

 

 

そして博覧会の感想記事を書くうち、気づいた。

eiga.com

 

?!?!?!!?

 

じ、ジブリ美術館リニューアル…!?

「大人も乗れるネコバス」が、モフモフになって帰ってきた…だと!!?

 

7月16日のリニューアルと同時に、新企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」がスタートする。過去14の企画展示を一堂に集め、これまで発信してきた「アニメーションの発想の種」「作り手たちの思い」という2つのテーマを鮮明に感じてもらうことを目的としている。企画展示も宮崎監督のアイデアや要望が随所に反映されており、最もこだわったのが入り口に設置された「大人も乗れるネコバス」造形から作り直したそうで、2011年の「ねこバスから見た風景展」の際には固かった内部の椅子が本物のムートンになり、床は5層構造に。

 

いやはやこれはすごい!感動だよ!まだ希望は生きていた!!(´;ω;`)

 

しかも、ネコバスを降りた先には…マイベストオブジブリの「ハウルの動く城」の立体展示があるとか……。

最高だよ。ジブリ美術館、行ってくる。行ってきます…!!!

  

まとめ

勢いのまま書いて、何もまとまらないどころか、わたしのジブリへの熱意の気持ち悪さに拍車がかかっただけのような気がする。なぜなのか。

 

とにかく、この夏、「ジブリの新作の公開のない夏休みなんて…」って絶望していたけど。絶望している暇などない。「ジブリの大博覧会」にもう1回行く。あとジブリ美術館に行く。あと明日は金曜ロードショーもののけ姫」を見て、来週は「コクリコ坂から」を見る。

この夏は忙しくなりそうだぜ…!(ニート最高!)

 

おわり。

 

 

ジブリの大博覧会は、9月11日まで!

www.roppongihills.com

 

■大人も乗れるネコバス!ジブリ美術館の企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」はこちら

f:id:nomatterxxx:20160804193347j:plain

www.ghibli-museum.jp